Yahoo!プレイスメントリストの作成方法

Yahoo!プレイスメントリストの作成方法

2019年5月23日
Yahoo!広告
スポンサーリンク

ここではYahoo!プロモーション広告の「プレイスメントリスト管理」について説明します。

キャンペーン作成がまだ、という方はちらの記事からお読みください。

はじめてのディスプレイ-Yahoo!編①-
今回はYahoo!ではじめてディスプレイ広告を出す場合の手順をご紹介します。少し長くなるので、3回に分けてお送りします。 キャンペーン作成編 ディスプレイ広告を…
wasabitaro.com

プレースメントリストとは?

Yahoo!のサイトターゲティングの一種「プレイスメントターゲティング」で使用するリストのことです。「プレイスメントターゲティング」ではリストで指定した「特定のサイト」のみ「広告を配信」したり、またリストで指定した特定のサイトのみ「広告を配信しない」設定にすることが出来ます。

キャンペーンと相性がよく効果が高いと既にわかっている特定のサイトにしか表示したくない場合や、著しく成果が低い特定のサイトに配信したくない場合に使用します。

リストの作成方法

次にプレイスメントリストの作成方法を解説します。

Yahoo!プロモーション広告の管理画面上部タブの「ツール」の「プレイスメントリスト管理」から作成画面に入ることが出来ます。

キャンペーン作成中の画面ならグループ作成画面中の「コンテンツ」の項目欄から「プレイスメントターゲティング」を「設定する」を選ぶと画面に入ることができます。

ですが、ここから「プレイスメントリスト管理へ」ボタンを押すと上記のような表示が出ます。構わず「プレイスメントリスト管理画面へ」のボタンを押すと、今まで作成したキャンペーン・グループの設定が全て吹き飛んでしまいます。後からでも設定はできるので、キャンペーン作成途中にこのリスト作成画面には飛ばないことをオススメします。

プレイスメント管理画面で移動できました。

プレイスメントの登録

まず、プレイスメントリスト管理画面で「プレイスメントリスト作成」をクリックします。

新しくリストを登録する画面が出てきました。リスト名はあとで見たときにわかりやすい名前にしましょう。また、除外で使う可能性も高いので、除外なら「除外」とリスト名に入れましょう。

有力プライス面との創作

選択画面です。URLがわかっている場合は右上の「虫メガネ」の付いたボックスに情報を入力し検索します。

リストがない場合は左に少し写っている設定で選ぶことができます。

ただし項目数が多すぎるため、検索以外でも手段が用意されています。

掲載フォーマットでの検索

管理画面の上部に「掲載フォーマット」という項目がありますが、そのサイトが所有する掲載枠ごとにフィルタをかけることができます。

カテゴリでの検索

また、管理画面の上部の「カテゴリー」からそのサイトが掲載している記事の内容でフィルタをかけることができます。掲載フォーマットよりもこちらの方がわかりやくす使う機会多いのではないでしょうか。

チェックを入れると対象となります。一通り入力し終わったら、

下のボタンから保存します。

グループの設定の「プレースメントターゲティング」から作成したリストを適用します。「配信対象として設定」だけでなく「「配信対象外として設定」することもできます。

配信対象として設定する場合

「配信対象として設定」した場合、リストで指定したURLしか配信されなくなります。なので「配信対象として設定」のみのグループと、通常ターゲティンググループを分け単価を変える、予算の比率を変えるなど複数パターン用意しておき、通常配信でも効果の高かったサイトを次回から「配信対象リスト」に加えるなどして効率をよくしていきましょう。