梶毛ダムにツーリングに行ってきた【広島市】

梶毛ダムにツーリングに行ってきた【広島市】

2022年10月16日
ツーリング
スポンサーリンク

魚切ダムにツーリングに行った同日に比較的近くにあるからという理由で「梶毛(かじけ)ダム」にも行ってきました。目的はもちろんダムカード!

とはいえこの梶毛ダムは単体では正直見どころが少ないため、こちらからバイクで下道で20分程の魚切ダムとセットでの訪問をオススメします。(私のダムの知識が乏しいせしかもしれません)

魚切ダムにツーリングに行ってきた【広島市】

先日「温井ダム」に初のバイクツーリングに行ってきた際にもらったダムカードをさらに…
wasabitaro.com

梶毛ダム(かじけダム)とは?

広島県広島市佐伯区五日市町石内にある西風新都のすぐ近くにあり広島市内からのアクセスもかなり良い場所ににあります。住宅街のすぐ近くにある異色のダムです。

道路も車一台しか通れないような場所はほぼないので、車でも難なくたどり着けると思います。以下の「広島県梶毛ダム管理所」を目的地にしておけばスムーズにたどり着けると思います。

こちらもダム自体の情報は少なく、wikiは2行で終わってしまうほど。こちらもダムカード裏に書いているダムのスペックを掲載しておきます。

  • 所在地 : 広島県広島市
  • 河川名 : 八幡川水系石内川支川梶毛川
  • ダム型式 : 重力式コンクリートダム
  • ゲート
    • クレスト自由越流式洪水吐×8門
    • オリフィスナイフエッジ式洪水吐×1門
    • ジェットフローゲート×1条
  • 堤高・堤頂長 : 49.0m・225.6m
  • 総貯水容量 : 106万㎥
  • 管理者 : 広島県
  • 本体着工/完成年 : 2002/2008年

比較的新しいダムのようです。「オリフィスナイフエッジ式洪水吐」とかウェポン的な感じでなんかカッコいい。先日訪問した温井ダムと比べると約1/80の貯水量とスケールの違いを感じます。

ダムカード目当ての方は管理事務所の営業時間を予め調べて訪問しましょう。

広島県の公式ホームページ(ダムカードの配布状況について)

梶毛ダムレポート

まずは駐車場から。日曜朝10時くらいに訪問しましたが、車がすでに何台か止まっていました。ただ見た感じダム目当ての人はいなさそうなイメージでした。

駐車場にたたずむ愛車クロスカブちゃん。

駐車場の隣りにある管理事務所でダムカードをもらいます。例によってインターホンを押して管理事務所のおじさんを召喚します。大体どの管理事務所のおじさんも「どこから来たの?」みたいにフレンドリーに話しかけてきてくれます。もうダムの管理事務所のおじさんはダムカードを配るために常駐しているのではなかろうか…

ダムカード!右下の記号「G」やはり「重力式コンクリートダム」の「gravity」のGっぽいですね。右上の英語はちょっと現段階では予測がつきません。もうちょっと集めてから予測してみます。

ここもダムの「天端(てんぱ)」(ダム堤体の一番上部)が道路のタイプですが、車両は入ることが出来ず歩行者のみです。

湖側は「神原湖(かんばらこ)」という名称のようですね。

その神原湖の様子です。

ダムからの景色に住宅街が映るという不思議な光景。たいていダムは山奥にあるので通常は考えられない光景ですね。このダムの唯一無二の個性と言えるポイントではないでしょうか。

反対側にも同様のプレートが。

ダム側(?)の光景。温井ダムや魚切ダムと比較すると、明らかに堤体は低い印象です。

道路を進むと西風新都の公園側につながってそうですが、結構距離がありそうだったので引き返しました。

以上、梶毛ダムのレポートでした。住宅街に隣接するダムという特徴を持つものの見どころが少ないため、魚切ダムなどとセットで回るんのがオススメです!