Googleアナリティクス イベントの設置

Googleアナリティクス イベントの設置

2019年8月6日
分析
スポンサーリンク

Google アナリティクスで同じサイト内で他のページへの遷移を計測する事はできますが、他のサイトへ遷移してしまうとそれが遷移だったのか、離脱だったのか計測できません。この場合、「他のサイトへのクリック」を「イベント」として設置する必要があります。

また、一度作成してしまえば「〇〇サイトへの遷移ボタンのクリック」を「目標」として計測し費用対効果を測ることも出来ます。

ここではその方法を紹介します。

予めGoogleアナリティクスやタグマネージャを設置しておく必要があります。まだ設置していない方は以下のリンクより

10分で設置!Googleアナリティクスを導入しよう
いまやサイトの解析に欠かせないツールとなった「Googleアナリティクス」。導入することでサイトの現状や問題点を明らかにする材料となる数値を示すことができます。…
wasabitaro.com
10分で出来る! Googleタグマネージャの導入
GoogleアナリティクスにGoogleアドセンス、コンバージョンタグに…と続けていくうちに徐々に設置するタグが増えていきます。そのたびにヘッダーを修正するのは…
wasabitaro.com

タグマネージャでの設定

まずはタグマネージャの画面より。

新規タグを作成します。

以下のように設定します。

  • タグの種類…グーグルアナリティクス ユニバーサルアナリティクス
  • トラッキングタイプ…イベント
  • カテゴリ…任意の名前(※後々重要になります)
  • アクション…{{Click URL}} (※右の+から選べます)
  • ラベル…{{Click URL}}:{{Page URL}} (※右の+から選べますが、:は入らないかも)
  • Googleアナリティクス設定…アナリティクスタグ設置時の変数を選ぶ

「カテゴリ名」は後ほどアナリティクスで設定する際に必要となってきます。

もし「Click URL」が出てない場合は…

左のタブ「変数」から「設定」を押すと

組み込み変数の設定画面が出ますのでここから「Click URL」で変数を増やしておきましょう。

次に、トリガーの設定です。

  • トリガーのタイプ…クリック-リンクのみ
  • タグの配信を待つ…チェックを入れる
  • 妥当性をチェック…チェックを入れる
  • これらすべての条件が〜…「Page URL」「任意」「該当ページのURL」
  • 一部のリンククリック…「Click URL」「任意」「リンク先のURL」

少し解説すると、「これらすべての条件が〜」は「どのページを対象とするか」と捉えるとわかりやすかと思います。上記の例は「全ページ」を対象としています。

もしも「http://AAA.com/BBB/CCC.html」のページのみ対象としたい場合は

「含む」「BBB/CCC.html」と指定しても構いません。

「一部のリンククリック」はもし「すべてのリンククック」とすると「該当ページのすべてのリンククリック」が対象となり、次ページ内の移動も対象となります。指定の仕方は上記の「条件」と同じやり方ですが、出来る限り対象のクリックのみ計測できるよう指定しましょう。

あとは「保存」ですが、必ずタグが動作しているか「プレビュー」で該当ページをチェックするようにしましょう。

アナリティクスでの設定

ここからは必須ではありませんが、アナリティクス上で「コンバージョン」扱いするためには次の操作が必要です。

アナリティクスで先程のタグを呼び出します。

左タブの「管理」から一番右の「ユーザー」を選び、「目標」欄をクリックします。「新規目標の作成」から

「目標設定」…今回の目的に一番近いものを選択

目標の説明欄は、「名前」は任意のものを入力します。

タイプは「イベント」を選択し、続行します。

目標の詳細では

  • カテゴリ…タグマネージャで入力した「カテゴリ」名と一致する条件を
  • アクション…タグマネージャで入力した「アクション」名と一致する条件

カテゴリ名はタグマネージャで設定した名前がヒットする条件にする必要があります。全く同じ名前で「等しい」を選択しても構いません。

アクションも同様ですが、タグマネージャでは「Click URL」を選択しているので、クリックするURL、すなわち「遷移先の名前が入ったURL」にする必要があります。

また、「過去7日間の〜」から現在の設定でコンバージョン率は幾つくらいか、確認することが出来ます。

あとは「保存」すると

設定した目標が出てきているはずです。

イベント数の確認方法

次に、アナリティクス上で設置したイベントの確認方法です。

タグマネージャで設置のみの場合はこちらから確認となります。

左タブの「行動」「イベント」から各種イベント数を見ることが出来ます。

複数イベントを設置した場合

どこのページでイベントが発生したか?は「行動-イベント」の「ページ」から見ることが出来ますが、イベントは合算されて表示されます。例えば「リンクのクリック」と「メールフォームの送信」では1イベントの価値が違う場合がほとんどです。これを同列扱いされたらたまりませんよね…

その場合、上記のように設定して「みたいイベント」のみ表示させます。

セカンダリディメンジョンで「イベントカテゴリ」を選択し、右の(見切れてますが…)「アドバンス」をクリックします。「条件」は「イベントカテゴリ」を選択し、「表示させたいイベント名」を入力します。

イベントを目標で設定した場合

また、アナリティクス上で「目標」として設置したい場合は、あらゆる画面で確認することが出来ます。

また、上部「コンバージョン」の欄に「目標1」プルダウンが見えていますが、複数目標がある場合は切り替えることが出来ます。

以上、イベントの設置方法でした。