FireHD10タブレットをAirPlayでMacのサブモニタにしてみた

FireHD10タブレットをAirPlayでMacのサブモニタにしてみた

2020年5月18日
Mac・周辺機器・ソフトなど
スポンサーリンク

現状の環境に不満があるわけでも、Fireタブレットを使っていないというわけでもありません。単純にもう一枚モニタ増やせるかどうか試しただけ、という完全に興味本位です。

思ったより遥かに簡単に、かつ動作もそこそこ早かったので参考にどうぞ。

Fireタブレット、Amazonでよくセールしてるのでサブモニタ代わりにするのも良いでしょう。

ちなみに使用したのはフリーソフトではありません。305円のアプリですので予めご了承ください。

使用した環境

  • MacBook Pro(13-inch,2019,Two Thunderbolt ,ports)
  • macOS Catalina(バージョン10.15.4)

Macは「AirPlay」が使えるものであれば何でも良いそう。

調べてみたら2011年くらいですでに搭載されているみたいなので結構古いMacでもOSが新しければ行けそう。

ちなみにサブモニタとしてすでに

  • JAPANNEXT USB−C接続 PCモニター [28型/ワイド/4K(3840×2160)] JN−T284CUHDR
  • iPad3

をそれぞれUSB-C、USB-3.0でつないでいます。

サブモニタ化の対象

  • Fire HD10(2017モデル)

基本的にHD7でも8でも10でも出来る模様ですが、サブディスプレイにするなら小さくてもしょうがないのでHD10一択でしょうか。お手持ちのFire端末が対象かどうかはアプリの説明欄よりどうぞ。

サブディスプレイ化までの道のり

Amazonで先にアプリを購入する場合はコチラのリンクよりアプリストアで「AirReceiver」とうアプリを購入します。

お手持ちのFire端末から直接アプリストで探す場合は「AirReceiver」で検索、アプリをダウンロードします。

2020/05/19現在は¥305です。

Fire端末のホーム画面にアプリのショートカットが出来ていますので、ココをタップ。

こんな画面が出ますが、Fire端末はこのまま放置。

メニューの中の上記アイコンが「AirPlay」です。新たに出力先として登場した英数字(上記例だとKFSUWI-8)がFireタブレットの型番です。

それを選択すると、早くもFireタブレットにMacの画面が!!

デフォだとMacと同じ画面が表示されているので「個別のディスプレイとして使用」 を選ぶと、晴れてサブディスプレイ化完了となります。

夢の4枚画面!!!

ひゃっほう

やってみたかっただけです。私の作業ではこんなに使いこなせません。

所感

解像度

もともとフルHDをカバーするだけあって解像度はそこそこ。画面は小さいけど。

MacBook Proの画面と比較しても情報量は見劣りしません。

スピード

早い!!!

有線ではないので、ここはあまり期待してなかったのに…

同じ有線でつなげている「iPad」(Yam Display使用)と比較してもほぼ同等、むしろ良いかも?!といった印象。

サブ画面で文字打っても違和感はありません。

ということで

期待してなかったのに、好感触だったFireタブレットのサブディスプレイ化。

出張やカフェなどでノマドワークする際に、安価で高性能なディスプレイとしてFireタブレットはベストな選択かもしれません。ほんとにオススメです。

ちなみにこのアプリ、MacやiPhoneの画面をTVに飛ばしたり、なんて技も出来るそう。また調べて色々やってみます。

ちなみに

仕事でクライアントにプレゼンする際に紙だけでは分かりづらい「動き」なんかを説明する際にも大活躍しました。

自分のMacの画面を「ミラーリング」でFireタブレットを先方に渡す、みたいな使い方です。出来るヤツ感も増す(!?)のでぜひ。